シーアイハイツ和光管理組合・第10回団地共用部第3回大規模修繕工事・特別委員会議事録の虚偽記載について、3頁 「3」基本的に第1,2,3街区の大規模修繕工事と同様である。と記載されているが、第1街区〈A, B、C、D棟〉第3回大規模修繕工事の時は、何故か屋上の防水加工の工事はやらなかった。  新築時から12年後の1994年第1回大規模修繕工事の時は屋上の防水加工は行った。 24年後の2006年、大規模修繕工事の時も屋上防水加工は行った。   39年後の2021年、第3回大規模修繕工事の時は屋上の防水加工は、何故か、やらなかった。 「とんでもない非常識な出来事であった」 それなのに、議事録は「同様」という文字で、事実を隠している、そもそも、この特別委員会は、B棟502号室の小林正輝氏が委員長、H棟503号室駒井政公氏が副委員長を名乗っているが、団地総会で認められた特別委員会ではない、管理組合運営を私物化して,区分所有者を騙すような事はやめてい頂きたい。このお二人は、他の案件でも平気で規約違反をしている人物達である。  工事会社である伊藤忠アーバンコミュニテイ(株)、に利用されているのか? 困った事です。